top of page
  • 執筆者の写真TAIYO

勉強会★フルハーネス型墜落制止用器具 特別教育

梅雨☂の時期は、雨で現場に出られない日々を過ごしている従業員の為、スキルアップを兼ねた勉強会を開催しています。

先日、一般社団法人日本プロ電気工事士協会さん主催の「フルハーネス型墜落制止用器具 特別教育」を全従業員受講してきました!

3ヶ月以上前から計画を立てていたので、当日晴天だったらどうしよう…と事務員はハラハラしていましたが、無事土砂降りで、誰一人文句言わずに受講して頂きました(笑)


この特別教育は、高所作業で墜落事故防止のための器具を正しく安全に使用するための安全衛生教育の1つです。

2022年1月からの高所作業におけるフルハーネス型安全帯の着用義務化に伴う変更点には、作業に従事する作業員が、フルハーネス特別教育を終了している必要がある。ということで、新人も数名入社し、数年前に取得している従業員も増えて来たので、再度全員で受けなおそう!ということで受講することになりました。

学科4.5時間+実技1.5時間の計6時間

学科は、作業知識から法令まであり眠気との勝負でした💤

何人か意識が飛んでいましたが(;゚Д゚)

実技は、実際ハーネスを付けて吊るされました。こちらは楽しく実施することが出来ました

無事に顔写真付きの特別教育修了証全員発行して頂きました★

これで、法令に違反せず工事に取り組み出来そうです。

いまだに、ヘルメットも被っていない他社の職人さんを時々見かけます。

知り合いの職人さんであれば、従業員からお声がけして注意喚起しています。

転落事故が起きてから遅いですし、従業員の安全を守るべく

きちんと法令に従って安全に作業をしていほしいです。


太陽は、代表が口うるさく注意しているので安全・丁寧・愛嬌ある工事を心掛けていますので安心してお任せ下さい♪

閲覧数:126回

Comments


bottom of page